今!日系アメリカ人の井上ジョーがyoutuber人気急上昇中!トップYoutuberになるのも時間の問題!飛ぶ鳥を落とす勢いの彼を徹底分解!

まず、彼はyoutuberである前にミュージシャンである!
井上 ジョー(1985年8月30日)32歳(2017年)
アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルス出身の歌手、作詞家、作曲家、サウンドエンジニア、音楽プロデューサーなど多才である。
TENGUBOY(テングボーイ)やJoe Inoueでもある。
詳しいことは下のリンクへ!

2008年NARUTO疾風伝のオープニングテーマとなっていました!当時の風貌はロスから来た爽やか王子様系パンクロッカーのような感じられる。本人曰く、あまり乗り気ではなかったようだがその反動により今はお笑い芸人バリの才能を発揮している。
ここ最近のコメントを見るとyoutuber芸人の井上ジョーとしてのイメージが強すぎて皆さん驚いているようです!

この楽曲は私個人的に当時、エレクトロのような電子音とパンクを混合し、日本語と英語を織り交ぜるような楽曲は新鮮で新しく感じました。

アニメ銀魂 ~よりぬき銀魂さん~ のオープニングテーマとなっていました!なんとこちらの曲も井上ジョーさんが担当されていまし

疾走感がありながらも相変わらずのワードセンスと広音域ボイスはリスナーを飽きさせない。アメリカのパンクシーンを彷彿させながら日本語で歌うシーンは魅力的ですね。

全詩英語でthe USパンクって感じですよね!作詞、作曲はもちろんボーカル、ギター、ベース、ドラム全てを1人でされています!なんでもできちゃうんですね。

なんとこんなところにもジョーがいます!ナルトのエンディングテーマも担当されていたTOTALFATと井上ジョーがコラボしていますね。

他にも私立恵比寿中学や関ジャニなど有名アーティストに楽曲を提供し、音楽プロデューサーとしての一面も。

彼のワードセンスや歌詞はとてもユニークかつ説得力がありポジティブ!!

この楽曲は、POPでロックかつエレクトロなサウンドでポジティブな一曲ですよね。
この曲はいつか人は死ぬからこそ進むしかないというネガティブからポジティブに変え、後押しをしてくれる一曲に仕上がってますね。

初のビデオ監督作品。もうなんでも1人で出来ちゃうみたいです。
アメリカで撮影された爽やかなナンバー。

彼の動画は音楽、旅行、アメリカ関連の動画、モノマネギャグ、コントなど多ジャンルの動画を投稿している。
彼の動画は日本人とアメリカの両方からの視点から物事の違いや歴史、文化を面白、おかしく学ぶことが出来、日本にいながらも外国を感じることができるし、ギャグセン、実用性が高い。このようなYoutuberやテレビタレントはなかなかいないだろう。

2017年.10月.29日時点で10万人突破!!

そしてネイティブスピーカーでバイリンガルではなく、英語、スペイン語、ポルトガル語、中国語などなど複数の言語を話すマルチリンガルである。そしてその国々専用のチャンネルを10個以上持っているなど多才であり、有名大学にも合格したことがあるそうだ。

こんにちあーす、1日1ジョー、井上ジョーなどの挨拶が特徴。
内容はもちろん話し方、テンポの良さ、早送り、モノマネなどが素晴らしい。声優の山寺宏一や芸人のコロッケのようであるが、彼はラジオパーソナリティーやテレビ出演の経験もある為、このような妙技があるのではないだろうか。
そして彼の真骨頂はセンスのある知的な下ネタである。動画によって女性は引いてしまうかもしれないが、おもしさそして知的センスがある故にそんなことは気にならないだろう。

これからもっと有名になること間違いなし!井上ジョーをcheck out!!!