ピアノを弾くニワトリ

彼の名は「パトリック」

くちばしでコツコツと

パトリックは小さなピアノの上でエサをせっせとついばみ、上質のニワトリラプソディーを創作する

これまでに聞いたことのない音色と、コツコツという固いもの同士がぶつかる音の重なったユニークなものだ

無修正

YouTubeの説明によると「パトリックの感情のこもったクチバシでつつくソナタの耳に心地よいテンポ。これは修正していません」

パトリックは以前にも動画を公開している

パトリックは以前にもネット動画で演奏を披露しており、ピアノを奏でる鶏として2014年11月にも同メディアで紹介されていた

これはすごい

ピアノを突付いてニワトリが演奏する、偶然が生み出すピアノソナタ kotaro269.com/articles/48465…   編集の妙技!!!!!!!すごい、あ、これ、すごい!

The best song i have ever heard

(今まで聞いたものの中で一番の歌だ)