1 KENZO ケンゾー

1969年、高田賢三がパリにブティック「ジャングル・ジャップ」をオープン。

ケンゾーについて
高田賢三(Kenzo Takada)は1939年、兵庫県に生まれる。実家は「浪花楼」という日本旅館を営み、和服の女性に囲まれて育つ。姉も洋裁の勉強をしていたことから服飾に興味を持ち出す。当時日本には男子を受け入れる服飾学校がなかったため神戸外国語大学に進学するが、在学中に文化服装学院が男子生徒の募集を開始するニュースを聞き、大学を中退し、文化服装学院に入学。

60年、文化服装学院在学中に「装苑賞」を受賞。61年、文化服装学院を卒業。卒業後はデザインの職につく。65年、単身パリに渡る。パリに渡った当初はデザイン画を売り、その中で既製服メーカーのビザンチに雇われたことがきっかけでパリで暮らすようになる。

69年に「ジャングル・ジャップ」と自ら差別用語を用い、パリでブティックをオープン。自身のブティックで、ささやかながら1970S/Sコレクションを行なう。お金がなかったので日本から和服の生地を取り寄せて服を使ったが、それが功を奏して、着物地のワンピースが「ELLE」の表紙を飾る。

1970年パリ・プレタポルテ・コレクションにデビュー。初のショーはパリのビクトワール広場を臨む「ギャラリー ヴィヴィエンヌ」で行われた。それから3年たち1972年、5回目のショーはドロテビス(デザイナー:ジャクリーヌ・ジャコブソン)やシャンタル トーマスらとのジョイントで、サレ・ワグラムで行われた。

新しいものを多く採り入れ、ファッションの既成概念をことごとく打ち崩した。花柄を多用し、カラフルな色彩、世界の民族衣装も積極的に採り入れる。ペザントルックやレイヤード等、和洋折衷の妙に溢れた独自の作風と色彩の斬新さでモード界に多大な影響を与え、70年代のファッション業界をイヴ・サンローランとともに引っ張った。

83年にはメンズウェアライン、86年にはスポーツウェア(カジュアルウェア)ラインの「ケンゾー・ジーンズ」と「ケンゾー・ジャングル」を発表。ライセンス展開も積極的に行い、タオルやTシャツなどが一般にも普及した。

80年代後半あたりから経営難に陥り、93年LVMHがケンゾーの株式を買い取る形で新会社を設立。高田賢三はケンゾーの創作活動に専念することになった。しかし経営側との意見がマッチせずに99年10月7日に行われた2000S/Sコレクションで引退。後任にレディースはジル ロズィエ、メンズはデンマーク出身のロイ・クライスベルグが就任。2004S/Sより、クリストフ・ブロンダンがメンズ・プレタポルテのアーティスティック・デザイナーを務める。

2 UNDEFEATED アンディフィーテッド

2002年、アメリカ・ロサンゼルスでスニーカーショップをオープン。

アンディフィーテッドについて
「アンディフィーテッド(UNDEFEATED)」はアメリカのスニーカーショップであり、そのオリジナルブランド。

アメリカ同時多発テロから1年後の2002年9月11日、エディー・クルーズ(Eddie Cruz)が友人のジェームス・ボンド(James Bond)の2人が、アメリカ・ロサンゼルスでスニーカーショップ「アンディフィーテッド」をオープンする。このショップ名「UNDEFEATED」は、“俺たちは負けない”という(同時多発テロに対する)強いメッセージが込められている。

2005年にはオリジナルブランドとしての「アンディフィーテッド」を展開する。アメリカ西海岸のブランドということもあり、ストリートテイストの強い、Tシャツやスウェットなどのアイテムが特徴。自分たちのショップで取り扱う、アディダスやNIKE、プーマ、リーボック、ニューバランスなどのスニーカーにもコーディネートしやすいデザインとなっている。

日本では2006年10月1日に静岡に第1号店がオープン。

3 OPENING CEREMONY オープニングセレモニー

2002年、ウンベルト・レオン(Humberto Leon)キャロル・リム(Carol Lim)がアメリカ、ニューヨークでスタート。

オープニングセレモニーについて
オープニングセレモニー(OPENING CEREMONY)は、ニューヨークを拠点とするセレクトショップで、従来のセレクトショップと一線を画した斬新なアイデアを取り入れた高感度なショップ。オリジナルの製品、コラボレーション製品も展開している。

ウンベルトは、1975年6月7日ロサンゼルス生まれ。カリフォルニア大学バークリー校にてVisual ArtとAmerican Studiesを専攻し、1997年に同校を卒業。キャロルも1975年2月20日にロサンゼルスで生まれ、カリフォルニア大学バークリー校にてEconomicsを専攻。ウンベルトと同じく、1997年に同校を卒業。彼らは大学時代に友人となり、卒業後、共にニューヨークへ拠点を移した。両氏がより一層の絆を深める一方で、ウンベルトはバーバリーとGAPで、キャロルはバリーでキャリアをスタートした。

2002年に2人はビジネスパートナーとなり、マンハッタンにオープン。すぐにアメリカでの人気を不動のものとする。

彼らが香港を訪れた際、アジアのショッピング事情の豊かさに感心し、オリジナルのファッションコンセプトを始めることを決意。オープニングセレモニーでは既存の概念を超えて、ファッションに活気や楽しさ、斬新なクリエイティビティを取り入れてきた。

「趣味としての消費」をコンセプトに、シーズン毎にテーマとなる国を1カ国決めて、「その国を代表するデザイナー」「新人デザイナー」「歴史あるブランド」「その国独自の選び抜かれた製品」の4つの切り口で商品展開している。また、「小売」「オリジナルブランド」「ショールーム」という3つの事業としての柱を持っている。オリジナルブランド「オープニングセレモニー」のコレクションは、メンズ&レディス併せて100店舗以上のショップに販売している。

2009年、オンワードホールディングスが日本での商標権を取得。同年8月30日(日)に西武渋谷モヴィーダ館に第一号店をオープンした。日本一号店は、日本、アジアにおけるフラッグシップショップとの位置づけ。2010AWよりウィメンズ、2012SSよりメンズの日本オリジナルラインもスタート。

世界にあるオープニングセレモニーのショップでは、アレキサンダー ワン、アクネ、バンド オブ アウトサイダーズ、BLESS、ヘルコビッチ アレキサンドレ、ジェレミー スコット、フレッドペリーとラフ シモンズのコラボレーションライン、その他、ウェアラバウツ、KOLORなど日本のブランドまで、世界中の感度の高いブランドを取り揃えている。またコラボレーションでは、顧客でもあった女優のクロエ・セヴィニーやブランド「ペンドルトン」などとのコラボレーションラインを展開している。

アパレルの他には、アクセサリー、ホームウエア、音楽、書籍などの幅広いカテゴリーを展開している。

4 LAD MUSICIAN ラッド ミュージシャン

ブランドのはじまり
1995年、黒田雄一が「ラッド ミュージシャン(LAD MUSICIAN)」設立。

ラッド ミュージシャンについて
ラッド ミュージシャン(LAD MUSICIAN)は、〈音楽と洋服の融合〉を基本コンセプトにした日本のメンズファッションブランド。

音から得られる目に見えない様々なインスピレーションを洋服という形のあるものにするラッド ミュージシャンの提案するライフスタイルは、性別、国境、年齢そして宗教も超えた自由な世界。落ち込んだ時に救ってくれる音楽のように、着る人にとってライフラインとなるレーベルを目指す。

1995年4月のコレクション発表以後、ブランドコンセプトに沿った活動を続けている。

東京(代官山、原宿、新宿、渋谷)、名古屋(栄)、大阪(梅田)の6カ所に直営店を構える。

5 N.HOOLYWOOD N.ハリウッド

2000年、尾花大輔が「ミスターハリウッド(MISTER HOLLYWOOD)」をオープン。2002年春夏シーズン、「N.ハリウッド」のブランドで東京コレクションにデビュー。

N.ハリウッドについて
N.ハリウッド(N.HOOLYWOOD)は日本のファッションブランド。

ミスターハリウッドは会社名及び店舗名で、N.ハリウッドがブランド名。古着をベースとした服作り、シルエットと着心地にもこだわりを持つ。リーバイス、リー(Lee) 、ラングラー、コンバースなどとともにメイクコレクションやジー ショック(G-SHOCK)、ディーゼルなどコラボレーションも積極的に行っている。

2004年、原宿から神宮前に店舗を移転。

2008年、大阪・梅田の阪急百貨店「メンズ館」にスタイリストで有名な野口強の呼びかけで、アンダーカバー、N.ハリウッド、ナンバーナイン、ヒステリックグラマーが集結したセレクトショップ「クアドロフェニア」がオープンした。

・コレクション – コレクション用のライン。タグが白い。
・コンパイル- パリ発でコレクションラインとは別の、ディテールにこだわったライン。タグが黒い。
・アンダー サミット ウェア – アンダーウェアのライン。サイズ展開も豊富。

■デザイナーについて
尾花大輔(Daisuke Obana)は1974年、神奈川県生まれ。古着屋「VOICE」で働いた後、古着屋「go-getter」の立ち上げに参加。その当時、古着の買い付けでアメリカのハリウッドに行っていたことで、ミスターハリウッドと呼ばれるようになった。これが「ミスターハリウッド」の由来。

その後、尾花大輔は2000年、「ミスターハリウッド」をオープン。2002年春夏コレクションより「N.ハリウッド」のブランドで東京コレクションにデビュー。正しいハリウッドの表記は「HOLLYWOOD」であり、「N.HOOLYWOOD」は遊び心から綴りを変えている。

コンバースが、2015年春夏シーズン、尾花大輔をクリエイティブ・ディレクターに起用し、アパレルのトップライン「コンズ リノベーター(CONS RENNOVATOR)」を展開。

6 ISSEY MIYAKE イッセイ ミヤケ

1970年に三宅一生が「三宅デザイン事務所」を設立、71年、ブランド「ISSEY MIYAKE(イッセイ ミヤケ)」としてニューヨークにてコレクションを発表。

イッセイ ミヤケについて
イッセイ ミヤケは日本のファッションブランド。ウェアからアクセサリー、香水まで幅広く展開。また、「イッセイ ミヤケ(ウィメンズ/メンズ)」「プリーツ プリーズ イッセイ ミヤケ」「オム プリッセ イッセイ ミヤケ」「ハート」「ミー イッセイ ミヤケ」「バオ バオ イッセイ ミヤケ」など多数のブランドを展開している。

創業者の三宅一生(Issey Miyake)は1938年生まれ。多摩美術大学図案科在学中の60年、三宅は、日本ではじめての世界デザイン会議開催に際し、「衣服デザインが含まれていないのはなぜか」と投書。衣服をファッションではなく、デザインとして捉える視点に注目が集まる。大学卒業後、第1回コレクション「布と石の詩」を発表。

その後、フランス、パリに渡り、シャンブル・サンディカル・ド・ラ・クチュール・パリジェンヌに入学。その後、ギ ラロッシュ、ジバンシィのメゾンに入る。

68年、パリ5月革命に遭遇したことが大きな契機となり、一般の人々のための服づくりを志す。69年、ニューヨークへ渡り、ジェフリー ビーンのもとで経験を積む。パリではエレガントな技巧、ニューヨークでは機能と実用性を重視する服作りを学ぶ。

東京に戻り、70年に「三宅デザイン事務所」を設立。1971S/Sシーズン、「ISSEY MIYAKE」としてニューヨークにてコレクションを発表。73年からは、パリにてプレタポルテ・コレクションを発表。